大相撲がよかった

今場所の大相撲は終始栃ノ心に心を奪われた15日間でした。

初日から無傷の連勝で横綱戦に挑み、今まで一度も勝ったことのなかった取り組みに勝利し、これはもう決まりかと思った矢先に番付下位の力士とのドタバタ相撲。

相撲ってわからないし、怖いですよね。

それでも千秋楽ではきっちりと星を取って終えた辺りは十分大関昇進にふさわしい内容を見せてもらえたのではないかと思います。

来場所からは新大関として活躍してくれるでしょうからまた存分に期待をさせてもらいたいところです。

横綱鶴竜は早々に星を落としたと思ったけどその後はしっかりと星を守り続けてきたのはさすがかなと思います。

相撲の内容を見ると少し物足りなさは感じましたけど、千秋楽の力強い相撲を見たらまだまだ強さを感じます。

格下相手にもどんどん胸を出して、なおかつ力の差を見せつけられる強く大きな壁として頑張ってもらいたいですね。

久しぶりに熱の入った面白い場所だったかなと思います。